足場工事

HOME > 足場工事

クサビ緊結式足場

クサビ緊結式足場

建物の形状に合わせ、組み替えられる汎用性の高い足場です。部材がユニット化されていますので、施工時の組み立て時間が大幅に短縮でき、ハンマーで簡単に組み立てが行なえるのが特徴です。高橋仮設では信和キャッチャー製の足場材を大量に保有しております。低層にあたる住宅のリフォームや新築工事から、R形状、30mを超えるビルやマンションなどの中高層建設の足場としても使用され様々な用途、仕様に適応出来る信頼度の高いシステム足場です。どんな規模でもご用命ください。

ビティ足場(ビデ足場)

ビティ足場(ビデ足場)

鳥居型建枠にジャッキベース・交差筋違・銅製布板などの基本部材を組み合わせて構成する仮設足場で昔から親しまれている足場です。主に中高層の現場で使用されることが多いですが、最近は31m以上でも施工できるクサビ緊結式足場の需要が多くなってまいりました。高橋仮設の保有資材はくさび式の方が多いですが、どちらも施工可能ですのでお申し付けください。

ローリング(移動式足場)

ローリング(移動式足場)

組立や解体などが簡単に行うことができる移動式の足場です。安心・安全であることも重要です。こちらは使い勝手以上に、綿密な計算のもと設計が行われています。高橋仮設では様々なサイズの組み換えが出来るクサビ緊結式足場で対応させて頂いております。

地足場

地足場

ビルなどの高さのある基礎工事のときに、建築資材を運んだり、コンクリート打設時の為の通路または作業所として使われます。安全かつ施工しやすさが飛躍的に上がります。

支保工

支保工

 

しほこうと読みます。足場での支保工は主天井や梁のコンクリートを作る(打設)時に、型枠の中にコンクリートを流しこんで作りますが、その型枠を支える目的で足場を組みます。支える重量によって設計いたしますのでお申し付けください。

吊足場

吊足場

吊り足場とはその名の通り、足場板を鉄パイプやチェーンなどで「吊り下げる」ことで利用する足場のことを指します。主に高架橋などのような特殊な建築物や、高度のある建築物に対して利用されることが多くなっています。特殊な高架橋やエレベーターの修繕などでは通常の足場確保ができないため、こちらの工法を利用する場合が多くあります。 固定方法は一般的な建築物の場合は鉄パイプで固定することになりますが、高度が低く、吊り下げるスペースが足りないなどの場合はチェーンを併用することもあります。地面との接点が無いため、若干不安定ではありますが、十分な固定を行うことで広い作業スペースが確保でき、特殊な工事においては必要不可欠な工法として広く利用されています。

内部足場

内部足場

建造物の壁や天井などを工事する際に、建造物内に設ける足場のことを内部足場といいます。工場内や足元が悪くローリングや脚立などが使用できない場合など、さまざまな環境に対する工法があるため、その都度最適なプランニングをしておくことが大変重要です。住宅の吹き抜け部から工場などの大規模なステージ足場までどんな現場でもご用命ください。

屋根足場

屋根足場

こう配がきつく危険が伴う屋根を施工するときに足場が活躍します。屋根のこう配と平行に足場をかけるのがポイントになります。材料は、単管ブラケット足場、クサビ式足場を使用します。どんな建造物・規模でもお任せください。

昇降用足場

昇降用足場

例えば太陽光パネル工事、屋上防水工事など外壁工事はなく上部のみの工事や、あるいは点検用などあらゆる場面でご用命ください。各作業所まで安全に昇降可能となります。

間仕切り足場

間仕切り足場

店舗内のテナントの改修工事などでよく使用されます。営業中の店舗内において売り場スペースと工事スペースなどを間仕切る為の足場となります。これにより安心して営業しながらの工事が可能となります。ご相談ください。

足場3Dパース作成

足場3Dパース作成

360度3Dで現場を見渡すことが出来ます。立面や平面図よりも想像しやすく施工前により把握することが可能となります。

足場図面作成

足場図面作成

足場図面(立面図/平面図)、仮設計画図など図面の作成もお任せください。特に計画積算部では完成までを見据えたリアルな図面を作成し無駄な盛り替えを軽減、精度の高い積算で監督様の労務の軽減にも努めております。

メールでのお問い合わせ

PAGE TOP